2013年05月04日

ジローの楽しい犬生を振り返って(皆様にご挨拶)

ご報告です。

今まで皆様に可愛がって頂きました、
ジローが、2013年4月24日の深夜に眠るように息をひきとりました。
15才と2ヶ月の犬生でした。

ジローが虹の橋を渡って1週間が過ぎました。
家族の気持ちも落ち着き、ちょっと物足りない日常が帰ってきました。

前回のブログで書いたように、日曜から体調を崩し、おなかを壊した状態が続いたので、火曜日の夜に病院で点滴を受け、薬をもらいました。
下の写真は、火曜日の時のものです。あまり食欲もなかったのですが、なんとか最後に散歩にも行け、この可愛い笑顔です。


jiro_130424.jpg



ですが、24日(水)には、ほとんど水も飲まず、食べられなくなりました。
私が水を飲ませに行くと、昼頃、やっとお水を飲んでくれました。
しかし、午後、何も食べていないのにもどしたりすることがあり、
はぁはぁと荒い息で、目もうつろ…

いつものように交代で添い寝していた両親ですが、母がその日はどうしても一緒に寝たくないといい、父が添い寝していました。

夜の10時半頃、父が眠った時、ジローの息づかいが聞こえていたそうです。
しかし、早朝3時に起きた時、もうジローは冷たくなっていたのです。
ですので、父は、夜11頃になくなったのではないかと言っていました。


****

1998年5月5日にジローは我が家に突然やって来ました。

近所のペットショップが閉店することになり、
そこにいた子犬の引き取り手を探していたのです。
手紙があり、この子はビーグル牧場出身ですと書かれていました。

私はジローのホームページを作成するとともに、ビーグル牧場を探しました。
すると、数年後、熊本のビーグル牧場さんからメールを頂き、ジローの誕生日、
お父さん、お母さんの情報がわかりました。
また、びよよんとshigeはのちに熊本のビーグル牧場さんを訪問し、
熊本を案内して頂いたり、九州ビーグルちゃんとオフ会も実現しました。

私はビーグルのオフ会に当時とても憧れていて、ネットでおなじみのビーグルちゃんに会えた時は本当に嬉しかったです。
また、100ビーグル大会に参加し、東北〜関西など、全国のネットでお友達のビーグルちゃんに会えたことも、楽しい思い出です。

ジローをテレビ、きょうのわんこに出したくて、応募し、
「踏切渡れない犬」で、出演できたのも、楽しい思い出でした。
3ヶ月くらい近所で有名犬になっていました。

また、近くの大学の犬のコンテストで、爆笑を誘い優勝したのもいい思い出です。

ジローの跡継ぎが欲しくて、お見合いもネットで募集しました。
ココアちゃんという可愛い子と何度がトライしましたが、残念、ジローはふられてしまいました。

****

毎年、近所の呑み川を桜の時期に散歩するのが楽しみでした。

そこで、mocoちゃんと運命の出会いをし、mocoちゃんの長男コースケを弟に頂きました。
最初こそ、ちびっこコースケに怪訝な顔をしていたジローですが、
コースケのなつっこさにほだされ、次第に心を開き、遊んであげるようになりました。
コースケは人間よりもジローが大好きで、
何かあると、ジローの顔を舐めまくり、喜びを表現していました。
それは、ジローが歩けなくなってからも続きました。

家族は、いつかはジローを超えて、コースケが1番になると考えていましたが、
最後までコースケはジローをたてていましたので、ふたりの関係はとても良いものでした。

コースケだけではなく、mocoちゃん、mocoちゃんの子供達、そしてコースケとの縁のきっかけとなったちゅらちゃんと良く遊び、楽しい思い出がいっぱい増えました。

1度だけ家族旅行で預けた時に、ジローはとても大変な事になったので(声が枯れた)、それからはどこに旅行するにも一緒に連れていきました。
お陰で楽しい思い出がいっぱいできました。

こうやって振り返ると、まだまだ話足りないのですが、
いろんな方に車に乗せて頂き、オフ会に連れて行ってもらったり、
プレゼントを頂いたり、
いっぱい撫でて可愛がってもらったり、
書ききれないほどの楽しい思い出と感謝でいっぱいです。


皆様、本当に、本当にいままでありがとうございました。


ジローは楽しい犬生だったと思います。

家族に本当に愛されていました。

昨年12月より後ろ足がきかなくなり、歩けなくなっても、
カートでお散歩できました。
両親は、介護が大変でしたけど、ジローが苦しまなくて良かったとほっとしています。


ときおり、1人になると、急に号泣してしまう時も数日続きましたが、
もう大丈夫です。

身体に大きな穴があいて、寂しさでいっぱいになっていましたが、
そんな時は沢山のジローの写真と、動画を見るのです。

すると、不思議と心が楽しさで埋まります。


冷たくなったジローには寄り付きませんでした。
少し、くんくん匂いを嗅いだりしましたが、もう悟ったようです。

1〜2日は、ちょっと他の部屋を覗いたりしていたので、探しているのかな?とも思いました。

そして、1番心配だったのは、ひとりでお留守番できないこと。
昔、ジローと両親が実験的にコースケをひとりにしてみました。
すると、凄い声で泣き叫び(隣の親戚の証言)、とても留守番はできない事がわかりました。


しかし、あれからコースケも大人になりました。
ジローがいなくなって2時間程ひとりで留守番させました。
すると、とっても大人しく、何の問題もなく留守番できたそうです。

そして、先日、朝の9時半から午後2時までひとりで留守番しました。
父が仕事から帰っても、出迎えにも来なかったそうです(苦笑)
部屋を見ると、まるまって眠っていたそうです。

ジローなら絶対しっぽぶんぶんで出迎えたのに…
ちょっと寂しいけど、それがコーちゃんです。
猫みたいに気まぐれ。
でも、安心しました。
コーちゃんが寂しがったら家族も悲しいです。
お隣の猫、ナナちゃんとも毎日のように遊びます。

たぶん、ジローが半年くらいかけて徐々に存在感を消していったので、
ひとりにも慣れたのかな?とも思います。


ジローがいなくなってから不思議なこともおこりました。
5〜6年咲いていなかった断崖の女王が急に咲きました。
ジローの奇跡だと思っています。

他にも色々不思議なことがおこっています。

ジローがそばにいるのを感じます。

このブログはこれで最後になります。
コースケを主役にしたブログのご案内だけ後日こちらで致します。

皆様、ジローを可愛がって頂き、いままで本当にありがとうございました。


jiro_last.jpg

ニックネーム びよよん at 11:23| Comment(16) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジローくんが、呼んだのかな?
びよよんさん。ご無沙汰ばかりで、ごめんね、
最近、ブログの更新もしていないのだけど
ふと、ジローくんのこと思い出したんだよ。
悲しいお知らせだったけれど・・。
いっぱい頑張ったジローくんは、びよよんさんはじめ、ご両親、お友達に愛されて
きっと、すっごく感謝して、旅立ったんだね。
私も、ジローくんに感謝してる。
だって、ジローくんに出会えなかったら、びよよんさんにも、会えなかったから。。
ジローくん。ありがとう。

びよよんさん。
私と、境遇が似てるから、お気持ち
すごく、すごくわかります。
しばらくは、実家に行くたびに、ジローくんが居ないことが、不思議に感じるかもしれません。
私が、そうだったからね。
でも、いつも、びよよんさんのそばに、ジローくんは、居るよ。見守ってくれてるはずだから
頑張らないでいいのよ。
べるが居なくなって、2年たった今でも、
時々、メソメソしてるから私。。。
長くなりました。ごめんね。
ジローくんのご冥福を心より、お祈りいたします。。。
Posted by べるまま at 2013年05月05日 07:12
11年前、初めて参加したオフ会で出会ったのがジロ〜くんでした。
ジロ〜くんの思い出はみんなの中にもあります。
心から合掌します。

Posted by レディまま at 2013年05月05日 09:11
今日は、ジローくんお迎え記念日なんだね!

書き切れない思い出…凄くよく解るなぁ。
ワンコの幸せは、家族だけじゃなくて
周りの人たちのお蔭でもあるよね。
あたしもパッチも、色んな人の車に乗せてもらって
アチコチお出掛けしてるもん(笑)

長い事仲良くして貰って、びよよんさんとジローくんには
本当に感謝!!
そしてジローくんが眠るように穏やかに旅立って行ったのが、
本当に何よりだったと思うし。
これからも、いっぱい思い出して、泣いて笑って…
きっと変わらぬ存在感で居続けてくれると思う!
改めて、ジローくんのご冥福をお祈りします。

そして、少しお兄ちゃんになったコースケくん。
これからもヨロシクね。
Posted by パチママ at 2013年05月05日 09:48
べるままさん、レディままさん、パチママさん、本当にどうもありがとうございます。とても励まされます。
Posted by びよよん at 2013年05月05日 22:26
びよよんさん
ブログをみながら、ジローくんを沢山思い出しました。
唐草模様の似合うかわいいジローくん。
心よりご冥福をお祈りします。
ここ、なっつとお友だちになってくれて本当にありがとうね。ありがとう。
Posted by たえぴー at 2013年05月06日 00:34
ジロー君、笑ってるね。
「苦しまなくて良かったとほっとしています。」
最後も安らかでほんとに
良かった…

老犬の飼い主としては
いつかは来るお別れの日を、時々イメージしちゃう反面、今日一日を感謝する日々です。
これからも、コースケ君との生活をジロー君が見守っていてくれることと思います。

びよよんさんたちと ジロー君(コースケ君)との思い出を私たちもネットを通して共有させていただきありがとうございました。
淋しくなりますが、思い出は宝だもんね。大事にしていこうね。
Posted by maho at 2013年05月06日 14:01
たえぴーさん、mahoさん、本当にありがとうございます。コメント、とても嬉しいです。
Posted by びよよん at 2013年05月06日 17:27
ジロー君と来夢はちょっと大きめなビーグルで声も泣き方もちょこっと似ていて・・・

ジロー君の最後が安らかで本当によかった。

ジロー君、今までありがとう。
ご冥福をお祈りします。
Posted by ロビン at 2013年05月06日 20:17
びよよんさん、ご無沙汰ばかりで・・・
ジロー君の事びっくりしました。

ジロー君と来夢はちょっと大きめで声も鳴き方もちょっと似ていて・・・
本当に残念です。

でも最後は安らかで本当によかったです。
ジロー君、たくさんの思い出ありがとう。

ご冥福をお祈りします。
Posted by ロビン at 2013年05月06日 20:42
ロビンさん、メールもありがとうございます。寂しくなりました。
Posted by びよよん at 2013年05月07日 07:18
火曜日のジロー君の笑顔、素敵ですね。
こんないい表情ができるのは、やはり暖かいご家族に囲まれていたからですよね。
ジロー君、無事にチャッピーと会えたかな〜?
Posted by みーたん at 2013年05月13日 12:00
みーたんさん、ありがとう。きっとふたりは元気に遊んでいると思うな。
Posted by びよよん at 2013年05月13日 16:45
びよよんさん、ご無沙汰ばかりでごめんなさいね。
温かいご家族に囲まれたジロくんの楽しい犬生、とてもとても幸せだったと思います。
唐草模様ではっちり決めたジロくんに会えた、あの100ビーから、もう十年が経つのですね!
いつもパソコンごしだったジロくんにナマで会えたこと、
ジロくんのフサフサ立派な尻尾に触らせてもらえたこと、
わたしにとっても、今でも忘れられない思い出です。
ほんとうに楽しかったよね!

元気いっぱいで超遠距離を車に乗って秋ヶ瀬まで旅したアッシュも、
今ではすっかりおじいちゃんになってしまいました。
十数年のイヌの命はとても短くて、もっともっといっしょにいたいけど、
振り返ってみると楽しいことばかりで埋め尽くされてて
すごく濃い時間だったなーと思います。
ジロくんも、素晴らしい思い出をたくさん残してくれたのですね。
最後のお散歩と笑顔は、ジロくんからご家族へのプレゼントですね。
同世代のお友だちであるジロくんの悲しいお知らせは、とてもショックですが、
びよよんさんのジロくんとの思い出を拝見していっしょに振り返ると、
楽しかったことをたくさん思い出しました。

ジロくん、ありがとう。
天国から、同世代のシニアビーグルたちのこと、見守っててね。
びよよんさんも、ご家族さまも、お疲れの出ませんように。
コースケくんのブログ、楽しみに待ってますね。
Posted by あや at 2013年06月08日 12:29
あやさん、嬉しいです。来てくれてこんなに優しいコメントいっぱい書いてくれて…胸がいっぱいになりました。

アッシュくんとあやさんと会えた秋ヶ瀬の100ビーは、みんな若くて元気いっぱいで、全国からネットでしか知らないビーグルちゃんに生で会えて、本当に本当に楽しかったよね。車がない私たちですが、妹夫婦に頼み込んで、参加できて本当によかったです。一生の宝物です。

アッシュくんのブログも今行ってきました。
そちらにもコメント残しに行きますね!
本当にありがとうございました。
Posted by びよよん at 2013年06月09日 07:13
もう四十九日も過ぎてしまいましたね。
自分がブログを書かなくなると
人様のブログを読むこともめっきり減ってしまうもので
今頃気が付きました。

親孝行なジロー君。
長く苦しまずお父様の傍で
そっと逝ったのですね。
コースケ君との関係も素敵だなぁ。

寂しくなりますが
ジロー君のことは私も忘れません。
想い出を胸に新しいブログで頑張ってくださいね。
ジロー君安らかに。
Posted by ミミのパパ at 2013年06月16日 17:22
ミミのパパさん、ありがとうございます。
ミミちゃんと、パパさんの関係だって、とても素敵です。
わんこ同士、わんこと人いい関係は見ていていいものですよね。
ジローとコースケもそうでした。
最期までコースケがジローを慕ってくれて嬉しかったです。
毎日写真ばかり見ています。

いつも、ジローのことを見守っていてくださり、ありがとうございました(^^)
Posted by びよよん at 2013年06月16日 21:46
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3458801
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック